東京卍リベンジャーズの名言

皆さん、こんにちは。今回は、大ヒット漫画『東京卍リベンジャーズ』から名言と名セリフを紹介したいと思います。この漫画は、過去を変え、リベンジを果たすというテーマで物語が進行し、その中には深い哲学的な教訓が隠れています。一緒に『東京卍リベンジャーズ』からの名言を探り、人生のリベンジについて考えてみましょう。

ネタバレを含みますので未読の方は注意してください。

オマエはオレの一生で一番のマブダチだ!!

東京卍リベンジャーズ 13巻

花垣武道が未来に帰る前に千冬に感謝をのべたセリフ 素敵なコンビです。

これからはずっとマイキーだ エマ

東京卍リベンジャーズ 14巻

「マイキー」誕生秘話です。自分のあだ名を「マイキー」にすることで、エマが悲しい気持ちを少しでも忘れて、笑顔になれるようにと考えているんだと感じます。お互いの信頼関係を深める大きな一歩になりました。

何度失敗してもあきらめない。君は…僕の誇りです。

東京卍リベンジャーズ 15巻

橘ナオト 死に際のセリフ とても強いメッセージで、タケミチとナオトの絆の大切さを象徴していると言えるでしょう。

東卍が東卍であるためには証明するしかねぇだろ!!

東京卍リベンジャーズ 18巻

チームを鼓舞した松野千冬のセリフ 自分たちが何者であるかを行動で証明しようとしました。メンバーが困難な状況に直面しても、逃げ出さずに立ち向かう勇気を持つことが、その集団の本当の強さを示すと信じています。

他力本願の意地見せちゃるわい!!

東京卍リベンジャーズ 19巻

河田ソウヤーと柴八戒 甘やかされて育った末っ子同盟の二人。リベンジャーズ内でもトップクラスにカッコ悪いセリフですね。

負けられねぇ理由がいくつある?

諦めねぇ‼
死んでも諦めねぇ事だ‼

東京卍リベンジャーズ19巻

主人公 花垣武道がライバル稀咲鉄太に拳銃を突きつけられた時のセリフ。
人生にとても大事です、諦めないこと。

オレらは上手に生きられなかったな…

東京卍リベンジャーズ20巻

鶴蝶が死にそうなイザナへかける最後のセリフ。
天竺という王国を作ろうとした王イザナと鶴蝶。二人のさみしさが伝わります。

あいつは たった一回の人生で 東卍を操り大勢の人を殺し 
日本の不良のトップにのぼりつめたんだ
そのために何度震える夜を過ごしたんだろう?
だってあいつケンカ弱せーんだぜ?
アタマと度胸だけでのぼりつめたんだ
・・・すごい奴だ・・・

オレ もっとアイツと向き合いたかった

東京卍リベンジャーズ21巻

花垣武道が稀咲鉄太を認めた瞬間のセリフ 
ヴィランとして稀咲鉄太はとてつもない努力をしていたことを理解し、もう会うことができないことに後悔しました。
二人の勝負の決着がついた後の言葉でもあり「私の幸せは誰かの不幸」という言葉が思い浮かびます。二人の願いは交わる事がありませんでした。

東卍は今日で解散する
どんな最高の時間だっていつかは終わる‼

東京卍リベンジャーズ22巻

最高の時間で辞めてしまった佐野万次郎のセリフ 未来を変えるためのセリフでもありました。

なんでもかんでも一人で背負いやがって‼
おい万次郎!一度でいい!!
”助けてください‘’って言えやぁあああ!

東京卍リベンジャーズ23巻

現代編で花垣武道が佐野万次郎を助けるシーンのセリフです。このセリフで万次郎は武道を心から信頼します。悩みやトラブルは一人で抱えこむとロクなことがありません。人に助けを求めるってとても大事なことです。そして助けてくれる友人がそばにいる事はとても幸せなことです。23巻は半間の未来編がありとても好きな巻です。

は?チョコミント?
スースーと甘いは合わないだろ?

東京卍リベンジャーズ25巻

花垣武道とデートをした時の瓦城千咒のセリフ ローマの休日のオマージュと思いますが、セブンティーンアイスを初めて食べた時の、千咒の可愛らしさが表現されています。

まず泣こう?
今君が一番しなきゃいけない事

東京卍リベンジャーズ27巻

ぼろぼろになった花垣武道へかけた橘 日向の優しいセリフ 女性キャラでずっと近くにいたから言える優しく力強いセリフです。

オレは絶対勝つ‼
負けたままじゃ終わらせねぇ‼
だからみんなも諦めていたのものを取り戻そう‼
”オレたち”のリベンジだ

東京卍リベンジャーズ27巻

花垣武道が東京卍會を立ち上げる時のセリフです タイトル名回収の熱いシーンです。人生で困難にぶつかり粉々に打ちひしがれる事が必ずあります。諦めずリベンジすることが自己肯定感を復活させる方法です。あとで「あの時ああしておけばよかった」というのはずっと後悔し続けます。勝利するまで成功するまで、ぼろぼろになっても何度でも挑戦し続ける事が大事です。このマンガのたけみっちみたいに。

それに乗るのが親友(マブ)だろ⁉
いっしょに地獄に落ちようぜ

東京卍リベンジャーズ27巻

最終決戦で関東卍會をやめる決意をした九井一のセリフ 勝ち馬にのるために色々なチームを渡り歩いてきたココが最後に選んだのは親友のイヌピーでした。この作品には色々なコンビが登場しますが、この二人は友情以上の感情も見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました